メインで行われる治療 | 認知症|認知症の初期症状は絶対に忘れないでください

頭痛の女性

メインで行われる治療

スマホを扱う女性

現状では対症療法がメインです。

世の中、耳鳴りで悩んでいる人は多いです。耳鳴り音の種類も色々とあります。みんみんセミの鳴き声や金属音などが多いです。中には、脈動音が聞こえる場合もあります。 金属音系の耳鳴りは誰でも一時的になった経験があるはずです。気圧の関係で起きる耳鳴りはキーンと聞こえ、その後自然と消えるものです。 ところが、病気としての耳鳴りはこれが消えないのです。この病的な耳鳴りの原因は人それぞれ異なる上に良く解明されていません。したがって、完治させる治療法も無いのです。 現状は、内耳の血流を改善する投薬。それから、耳管通気法や鼓膜マッサージなどが対症療法的に行われるだけです。 それでも日常生活に極めて悪影響を与えるような場合は手術が行われます。これは最終手段として内耳の機能を破壊してしまうのです。内耳が破壊されれば、音自体も聞こえなくなると言う一見合理的ですが、後遺症を残してしまう本当の最終手段です。

いずれ完治させる特効薬が出ます。

耳鳴りの原因が良く分からないのは、医師が直接観察できないからです。気圧の関係で起きている耳鳴りの場合は、鼓膜を観察することで医師が見ることは出来ます。しかし、内耳という鼓膜の奥にある部分は観察することが出来ません。ここは機械じかけの時計のように複雑な部分で、手術になれたベテラン耳鼻科医でも下手に手出しが出来ないと言われています。 このような困った病気も超高解像度のMRI画像装置の開発とともに解明されつつあるのが唯一の救いです。今までのMRIでは画像が荒すぎて内耳のような極小さな臓器の観察は難しかったのですが、見れるようになったのです。 耳鳴りの症状が起きている時に、MRIで観察することで何が原因なのかハッキリと特定されて、それを治す薬はいずれ近いうちに世に出回ると予測されています。悩んでいる方、もう少しの辛抱です。