理解と歩み寄り | 認知症|認知症の初期症状は絶対に忘れないでください

頭痛の女性

理解と歩み寄り

鏡を見る女性

病気と思わない事も理解の一つ

認知症は現在、とても理解が進んでいます。 それは過去に類を見ない高齢化社会を迎え、その症状に向き合わざるを得ないという事もあるでしょう。 認知症はこれまで、症状を抑える事に主眼が置かれていました。 それは一様に世間一般で良しとされている状態に置く事で、言わば認知症の方が世間に合わせる事が求められてもいました。 それが高齢人口の増加で認知症の方が増えた中、そうした対応に疑問視する声も増え始め、認知症の方への理解が進みました。 そうした対応の中に、認知症の方の世界を尊重する動きもあります。 それは病気と捉えずに、理解を示す動きです。 そうした接し方で暴力を伴う混乱が落ち着いたというケースが目立ちます。 まだまだそうした理解は始まったばかりですが、こうした認知症の方の気持ちが楽になる対応がまずは先決と考えられます。

在宅で認知症を看る時代に

現在医療は、認知症のみならず全ての疾患において在宅にシフトしつつあります。 それは今後益々増える高齢者の受診率の増加に伴うベッド不足に備えてなど、在宅における医療はこれから本格的になる兆しがあります。 これは認知症の方にとっては恵まれた環境で、サポートの在り方によってはご家族にとっても望ましいものになりそうです。 なぜなら、これまでの暮らしを続ける事が出来るからです。 認知症は、その症状のみならず人は老いと共に環境の変化で受けるストレスが大きくなるものです。 それがそうした病気と診断されてからの環境の変化は、どれほどストレスを感じるかは察するに余り有る事です。 ですが現在は可能な限り、住み慣れたご自宅で過ごす事がすすめられ歓迎されつつもあります。 そうした動きはいわゆる問題行動を予防するとの例が既に多く見られています。 これからの時代はこうした過ごし方が進み、更なるサポートの充実で理想的な状態を維持出来ると期待出来そうです。