女性の身体の変化 | 認知症|認知症の初期症状は絶対に忘れないでください

頭痛の女性

女性の身体の変化

トレーニングする女性達

更年期とはどのようなものか

更年期とは女性の閉経期の前後数年間をいい、この時期は女性の心身的に体が変わる時期なのです。 女性は40歳ころになると卵巣の機能が衰えてきて、やがて閉経期を迎えます。このために女性ホルモンのエストロゲンが分泌されなくなるのです。 このエストロゲンの減少で冷えやのぼせ、イライラなどが起こるのです。 一般的にこれを更年期障害といいます。この更年期障害は、人によって差があるので 何事もなく生活をすることができる人と複数の症状があらわれて日常の生活が辛くなる人がいるのです。 この更年期は、女性誰もが迎えるものなのです。出産と子育て期を終了し、更年期を経て次の新しい人生を歩んでいくことのステップとなるのです。 この時期にイライラしたり体調が優れなくなることはよくあることなのです。

イライラしたときにはどうしたらよいか

更年期を迎えた女性がイライラしたり体調が優れなくなるのは仕方ないことかもしれません。しかし、本人はとてもつらいものです。 この更年期は、早い人で30代後半からある人もいます。人によって個人差があるのです。 更年期障害は、のぼせやほてり、冷え性のほかにめまいやむくみといった症状があります。また、腰痛や不眠なども起こってしまいます。 更年期障害ではなく何かの病気かもしれませんので内科や婦人科を受診することで病名がはっきりします。 あまりにイライラがひどい場合には、リラックスして趣味などに没頭することも気分転換になっていいものです。 散歩や適度な運動も効果的です。 更年期は、いつか過ぎていくものです。一時的なものととらえて気長に構えることも大事なことかもしれません。