頭痛の女性

メインで行われる治療

スマホを扱う女性

耳鳴りで悩んでいる人は多くいます。耳鳴りの種類は色々あり、セミの鳴き声のような音や金属音、脈動音が聞こえる場合もあります。気圧で起こる耳鳴りは一時的なものですが、病気だとそう簡単に治ってはくれません。

Read more

女性の身体の変化

トレーニングする女性達

更年期は女性の閉経期の前後数年間のことをいい、この時期は女性の心身に変化が起こります。閉経後は女性ホルモンのエストロゲンが分泌されなくなり、ホルモンの変化によりイライラしたり、身体の冷えやのぼせが起きます。

Read more

症状に気づこう

トレーニングする女性

大切なのは家族や友人の早期発見

認知症は、ある日突然発症するものではありません。 物忘れが目立ったり、小銭を数えるのが面倒になりお札で払ってしまったり、ネクタイが上手く結べなくなったり、机の上が雑然としてしまったりと、以前はできていたことが出来なくなってしまう、軽度認知症害という前段階を通ります。 自身でも気づくことが出来ます。放置すると悪化してしまう為、早期発見が大切です。 認知低下のレベルが低い時に気づきと受容ができたなら、その時点からお薬で症状を遅らせることが出来ます。 自身や周囲の人の気づきには、その後の人生を大きく左右するという意味があります。 現在、65才以上の高齢者の7人に1人が認知症と推計され、テレビや書籍でもよく取り上げられています。知識を持って予防を心掛ければ怖くはありません。

心掛け次第で防げる認知症の予防

年齢を重ねてくると人ごとではなくなってくる認知症。物忘れが目立つけれども日常生活に支障がない早期の段階で発見できれば、認知症の発症と進行を予防することが出来ます。 食事対策として、アルコールは種類を問わず、飲まない人より飲む人の方が発症率が減ります。 日本酒なら1〜2合、赤ワインは脳の海馬の神経細胞を活性化してくれます。お肉は週2〜3回、魚介は週4〜5回食べると良いでしょう。 ビタミンC、E(はまち、子持ちカレイ、アーモンドなど)を摂取すると発症リスクが減るとされています。サプリメントよりも食品からが良いでしょう。 生活対策として、物忘れの前に嗅覚が鈍くなるため、アロマや芳香浴も予防の一つです。 その他、運動や趣味での活動、会話でのコミュニケーションなどできるものから始めましょう。

理解と歩み寄り

鏡を見る女性

過去に比べ、認知症に対する理解は進んでいます。高齢化社会の到来で、若年層もこの症状に向き合わなくてはいけません。認知症の人が世間に合わせる風潮は減り、世間が認知症の方に理解を示し、歩み寄ることがいまされ始めています。

Read more